メンズ古着買取|ZOZO,ブランディア,ブランドコレクト,ジャンブルストア,ラグタグ評判&口コミランキング

MENU

洋服を少しでも高く買取ってもらうには

 

 洋服を少しでも高く買取ってもらう為には必要な事があります。

 

 どこのお店に出しても最低限やっておくべき事ですので、査定前にはチェックしておく事をおすすめします。

 

 誰でも出来る事なのですが、誰も面倒でやりたがらない事です。

 

 ちょっとした手間はかかりますが、少しでも査定額を高くしたい場合は参考にしてみてください。

 

 

高く買取ってもらうため5つのポイント

 

 なるべく早めに売ることをおすすめします。

 

 なるべく早くと言われても、気に入って買ったものだし売る訳ないだろ!?って言われてしまいそうですが、決してお気に入りの洋服は売らなくてもいいのです。

 

 なるべく早くとは、”着ていない洋服”は早めに売ろう!

 

と言う事です。

 

 

買ったものすべてはお気に入りになるわけでもありません。

 

 

 

あなたはこんな事ありませんか?

 

 

店員さんに押されてしまって・・買ってしまった
欲しいから衝動買いしてしまったけど、サイズが合わない
普段着ないデザインで冒険して見たけど、結局着なかった
好みでつい似たようなものを買ってしまう
高くて買ったけど、高い洋服は着ると傷むので着てない

 

 

クローゼットに眠っている洋服は、早めに売ろう!

 

 

 買ったけど着ていない。そんな洋服は毎回外出する前選ぶ時や、合わせ方を考える時にはついあなたの中で圏外になってしまうのです。

 

 その洋服を外したお気に入りの中で合わせ方を考えてしまうのです。

 

 

 いや、いつか着るかもしれない・・・と誰もが言いますが、

 

 本当に着ますか?1年に何度着ますか?着ても1〜2回程度だと思います。

 

 年に1〜2回程度しか着ない洋服を、いつまでも直し込んでおくと査定は下がるだけです。

 

 

 早めに売ってしまって、新しい洋服を買った方がきっとテンションあがりますよ!

 

 

時期をしっかりと把握してくべき

 

 

 洋服を買取りに出す時ってシーズン外の時が多いはずです。

 

 冬に冬服は売りたくなく、夏物を処分したくなります。
 夏は冬服が嵩張りクローゼットがパンパンになってしまいます。

 

 

 秋になると冬服を手放したくなくなってしまうのです。今年も着るだろうと。

 

 そして愛着も湧いてしまいなかなか手放す事ができなくなります。

 

 

 しかし、一番手放すタイミング、売るタイミングはシーズン前が一番査定額が高くなります。

 

 

 夏にジャケットが邪魔だから売ろうかなと思った方は、秋服は8月〜10月頃、冬服は10月〜1月が一番おすすめですので、もう少し我慢した方が査定額は期待出来ます。

 

 8月〜に夏物を売ろうと思っても殆ど期待は出来ません。

 

高価買取時期の目安

 

春物を売る場合 2月〜5月頃
夏物を売る場合 6月〜7月頃
秋物を売る場合 8月〜10月頃
冬物を売る場合 11月〜1月頃

 

 長袖シャツなどであればオールシーズン着用も可能ですので、買取りもオールシーズン査定もしてもらえるでしょう。

 

 デザイナーズなどのコレクションになるとシーズンが古くなれば、査定も落ちていくでしょう。

 

 

 いずれにしてもシーズンはある程度把握しておくと、査定額も少しくらいは高くなるでしょう!!

 

 人気ブランドであれば数千円〜以上もアップする可能性もあります。

 

 

査定に出す前は必ず洗濯

 

 

査定に出す前は洗濯する事をおすすめします。もちろんジャケットやニット、シャツなどでも形が崩れてしまうものは洗濯はしない方が良いので一概には言えませんが、

 

 

 最低限の汚れやニオイなどはキレイにしておく方が査定額は期待出来ます。

 

 買取りショップは洋服を買い取ってすべて洗濯すると手間がかかりすぎるので洗濯はしないショップが多いのです。

 

 キレイな洋服は査定も高くなり、汚れやニオイのする洋服は査定額も安くなってしまいます。

 

 

 クリーニングまで出せばより良いのですが、査定でいくらになるかもわからない洋服のクリーニングまでは必要ありません。

 

 定価が4〜5万するものや高価なものはクリーニングに出しても良いでしょう。その場合、クリーニングタグはそのままにしておいた方がバイヤーの評価は高くなります。

 

 

 なるべくキレイな状態で査定に出す事を意識してください。

 

 そしてくしゃくしゃの状態で出さないようにしましょう。

 

 出来る限りキレイに畳んだ状態で梱包することをおすすめします。

 

 

箱や付属品があれば一緒に送ろう

 

 

箱や付属品がある場合は一緒に送りましょう。つい切ってしまったものでも大丈夫です。

 

 紙タグや値札でもしっかりとしたアピールポイントとなってくれます。

 

 つい洋服を買った時は売る事になるなんて予想もしていない為に紙タグなどは捨ててしまう事が多いでしょう。

 

 性格が几帳面な方であれば、タグも取っている場合もあると思います。

 

 

 査定するバイヤーさんはある程度の定価は把握しいていると思いますが、明確な定価も一点一点調べる事も少ないのです。

 

 値札が入っているだけで明確に認知されますので、査定もしやすく高く査定される事があります。

 

 

シーズン前のキャンペーンを狙おう

 

 

時期の項目でも説明はしましたが、売るタイミングは非常に大事で査定金額も大きく変わる可能性もあります。

 

 特にシーズン前にはどこの買取りショップも在庫を確保する為にキャンペーンをして、秋冬もの買取りや春夏ものの買取り強化するのです。

 

 査定金額が10%アップから30%アップの買取ショップもあるでしょう。

 

 

 20%アップだったら、5万円のものは6万円になるのです!!

 

 20点くらいまとめて10万円のはずが、12万円になります。

 

 

 シーズン前×キャンペーンによって査定金額は更に期待出来るようになります。

 

 

 洋服の愛着によっては手放したくないものやそうでないものなんかもありますが、思っていたよりも倍の金額になった!なんてことも良く聞きます。

 

 リサイクルショップのようなお店は査定額も安いとこも多いですが、このサイトのランキング上位の買取ショップだったら期待できると思います。