メンズ古着買取|ZOZO,ブランディア,ブランドコレクト,ジャンブルストア,ラグタグ評判&口コミランキング

MENU

定価が高いブランドでも買取では安くなってしまうのは、なぜ?

 

 よく買った時の定価はすごく高いのに、買取金額はすごく安くてがっかりする事ってありませんか?

 

 定価48,000円のレザージャケットが買取価格が4000円なんてよくある話です。

 

 殆ど着ていないのに査定に出したら、10分の1以下・・・

 

 え?マジで?定価5万くらいしたのに。

 

 この査定してくれる人見る目ないんじゃない?信頼出来ないわ。

 

と誤解を招く方も非常に多いのです。

 

 そんな経験のある方は、ブランド価値というものを知っておいて欲しいのです。

 

 

定価は衣類以外も含めた金額である

 

 洋服以外も含めた金額?私洋服しか買ってないですが・・・という声も聞こえて来そうです。

 

 そうなんです。

 

 ブランドとは洋服だけの価格ではありません。

 

新品の洋服+ブランドの付加価値=定価

 

となります。

 

 その他には、デザイナーの思いやデザイン性など様々な要因が含まれています。

 

 

 洋服を購入する時は古着屋以外は、ほとんど新品の洋服を購入すると思います。

 

 購入するお客様は洋服が欲しくて、洋服を購入します。

 

 しかし、ブランド側は洋服だけを売っているのではなく、ブランドの価値として雰囲気や質、コンセプトやこだわりなど、見えないブランドの付加価値まで必然的にプラスされているのです。

 

 お客様からすると、ちょっと高いかな〜と思いながらも、そのブランドが好きでブランドの雰囲気やデザイナーのバックボーン、雰囲気やこだわりに共感してブランドそのものの世界観が好きになると思います。

 

 そして、ブランドの世界観やコンセプトなどに共感しながらも洋服のデザインなども気に入る事で洋服という「モノ」を購入するのです。

 

 

 

買取ショップやバイヤーはブランドの付加価値は関係なし

 

 

 買取りショップからするとブランドの付加価値は関係ない事はありませんが、そこまでは評価されません。

 

 あくまで査定は市場価格に適した買取金額となりますので、ブランドの背景など査定価格に影響される事は少ないと言えます。

 

 強いて言えば、人気やデザイントレンドの価値として査定はされますが、定価はあくまで目安となります。

 

 

 今期のデザインであれば、査定はそこまで下がりませんが、数年前に購入したブランドであれば、10分の1まで下がる事は多々あります。

 

 「洋服」としての価値、「モノ」としての価値、その他の付加価値というものがありますので、しっかりと理解しておくべきだと思います。

 

 ではどんなブランドが高く買取りして貰えるの?も参考にしてみてください。